台北3日目  no.1

a0185007_10233879.jpg

最終日。 
今日は、地図をを上にして見て、台北駅よりも、左下側に行くか右下側に行くかで、悩みました。
左側は下町、龍山寺迪化街界隈を中心に買い物とお茶。
右側はおしゃれな街、101周辺と文化地区「康青龍」

悩んだ結果、永久號からすみを是非買ってみたかったので、左側に決定。

                     文化地区は、次回にとっておきます。

ホテルに行李(荷物)を預けておき、MRT「龍山寺」へ。
門には字が流れる電光掲示板が設置されている。寺にも電光掲示板?!でもあまり違和感がない・・・
a0185007_7322359.jpg

まだ9時ごろなので、近辺のお店も開いていませんでしたが、寺には沢山の参拝客が集まり、
荘厳な読経が響いており、巨大線香の煙がもんもんと立ちこめていました。
a0185007_7433230.jpg

a0185007_7344422.jpg

ここにも関羽さんが祭られていましたが、関羽は商売繁盛の神様になったのですね。
関羽は人気ですね。やっぱり。
a0185007_7434868.jpg

a0185007_7542988.jpg
 




←そうそう、張飛さんにも会いました。
    (これはホテルのロビーに飾ってあったもの。)





さて、お参りを済ませて、歩いて西門駅まで行ってみようかということになり、龍山寺を後にしました。
このルートは、完全に下町の庶民街を通過することになり、少し怖いような・・・女子だけでは行かない方がいいかも。

土曜日だからか、普段通りなのかはわからないけど、屋根付きの歩道には地元老若男(ほとんど男)が各所にかたまって、しゃべったり、食べたり、ぼーっとしたり、・・・その脇を通過せねばなりません。

エスニックな匂い下水の匂い湿気熱気が混ざって・・・・・008.gif

旦那が途中で足を止めたのが・・・「檳榔(びんろう)」屋の前。
「おれ、前から檳榔、かんでみたかったんだよね・・・」と言う。何かの小説で読んだらしい。
檳榔を噛む?

そういえば、バスからの眺めに「檳榔」という看板があちこちにあったけど。特に下町風の街に多かった。

檳榔 というと、私の頭に思い浮かぶのは・・・・「檳榔毛の車」→平安時代の牛車
                                     檳榔→牛車の素材

これは噛みたばこのようなものらしい。
小姐が檳榔を手際よく何かの葉でくるっと巻いて、どんどん作っている。
「我要一个、可以吗?」って、言ってみようか・・・・と思ったけど、周囲の雰囲気がヤバイ感じだったので、やめた。
     今思うと、そんなにはヤバクなかったかも・・・・買ってみれば良かった!(^^;)

駅前に近づくと、雰囲気ががらりと変わって都会的に。ギャップがはげしい。
駅近の寺、天后宮ものぞいて・・・・・暑いので芒果冰を食べて・・・・

再びMRTに乗り、中山駅へ。
ちょうどOPEN時間(11時!)の三越で電梯小姐達の「欢迎光临」に出迎えられて、本日の軍資金を両替に。
(土曜日なので銀行はお休み)
「请问,在哪里,可以换钱?」と聞いてみた。 通じたようで案内してくれました。ホッ

次はタクシーで迪化街へ。
a0185007_8494258.jpg


色々なブログで賞賛されていた永久號からすみ、なんとしてもこれだけは手に入れたい。
台北ナビで印刷した地図を片手に向かいました。
ルポに書いてあったとおりのお店。
a0185007_851595.jpg

「你好」と、店にはいると、日本語可能太太が、すぐに冷蔵庫からからすみを3つほどバラバラッと無造作に出して、台に乗せ、
「500元。安い!   大きいの1000元」 と言ってまた冷蔵庫を開けて大きいのをバラッと出す。
a0185007_984720.jpg

小2 大1 を購入。  早く食べてみたい!

次は「豆花」を食べに、「豆花茶」へ。

途中道を間違ったけど、小さい街なので地図を見れば分かるのに、
旦那が「あのおじさんに道を聞いてみなよ。これも勉強勉強」しつこく言うので、
店の前にぼーーーッと立っていた用品店の主人らしきおじさんに声をかけることに。

   なんて言おうかな・・・と考えつつ
「現在我在哪里?」  と  一番間抜けな質問をしてしまった!「ワタシハイマドコニイマスカ?」
はっ!と気づいてすぐに手に持っていた地図をみせて「どこ?」というジェスチャーをしてみる。

おじさんは指をさしながら、親切に中国語、下手な英語まじりの言葉で説明してくれる。

すると近くにいた台湾おばちゃん小姐もわらわらっと近寄ってきて、
おじさんをさえぎって、上手な英語でぺらぺらぺらっと説明。旦那はそちらで理解したようですが、
   もうっ!中国語の勉強にならないじゃん!プン(#`3´#)プン

おじさんは小姐たちを押しのけるようにして、私達を「豆花茶」まで案内してくれるって。
道々周囲の説明もしてくれた。
「謝謝、謝謝」ありがとう~!「再見!」


「豆花茶」は店といっても2坪3坪の、2人がけテーブルが2個無造作に置いてある店。
a0185007_9115153.jpg

これが「豆花」かぁ・・・・
台湾は、激濃味と激薄味が極端。 豆花は、淡いやさしいお味でした。

次に向かったのは、「徳興茶業」 お茶屋さん。
人通りの少ない小さいさびれた公園に面した店・・・・・ホントニここでいいのか?と少し離れて見ていると、
にこにこ顔のおじさんが出てきて「こんにちは」
あっ!ネットで見た顔だ!とすぐにわかった。
入るとすぐに席に案内されて、すぐに試飲のお茶をいれ始める。

ここは、茶藝館ではなく、お茶の問屋さんなのだ!

a0185007_9331474.jpg


おじさん、お茶をいれると、

注文書の束をドサッと机に出してペラペラめくって、
「これ、みんな日本からの注文!だから安心!静岡・千葉・東京!みんな沢山注文する。」
そして、ボロボロになった2008年の日本の雑誌もドサッとだして、
「これ、わたし!」  おじさん、特集されてる!
そして、古い黄ばんだ新聞の切り抜きもだして、「これ、私」  髪の毛が黒々としたおじさんの写真が。
そして、 「だから、安心!」

このやりとりが、4~5回はあったな。
どうやら、自分の店は安心だということをアピールしているのだ。

      安心なのは分かってます!下調べしてきたから!

a0185007_943664.jpg


1時間くらいいたかな・・・東方美人茶阿里山のお茶は昨日買ったから、ここでは凍頂烏龍茶普洱茶を買いました。
a0185007_9511360.jpg

のんびり何杯も試飲させてもらって、ゆっくり台湾茶を楽しめました。満足満足016.gif

さて、あとは茶器が欲しい。 と、きょろきょろしていると、
2軒隣りのお茶屋さん「明山茶業」のディスプレイに、茶壷が並んでいるのを発見。

見ていると店内から眼鏡をかけた小柄な山田邦子風の小姐が出てきたので、
「これ、売り物?多少銭?」と聞いたら、
「only display」 またもや英語か!?
と、ここからは、この小姐、やや下あごを突き出すようにして、滔々と英語で話し始める。
これは売り物じゃないけど、こっちは売り物、と見せられたのは、
一番下の棚に雑然と置かれたほこりまみれの茶器、ちぎったようなメモに「350元」と書かれてぺらっと置いてある。
       これじゃあ売れないでしょう・・・・・・(^^;)
でも350元なら買ってもいいか、と思って店の中へ。
小姐のお父さん?おじいちゃん?らしき人が試飲してる。

小姐は、展示してあった売り物を全部出してきて、私が1つ選ぶと、濡らした筆で丁寧にクリーニングを始めた。
ちょっとぬるいお茶もいれてくれて、しばし雑談。

旦那が「どうして台湾人は日本語が出来る人が多いのか?どこで習うのか?」と聞くと、

「台湾では日本のドラマや歌が人気があり、自分でも日本語で歌を歌いたいとか日本語をしゃべりたいと思うので、習いに行く。親が子どもを塾に入れて習わせてる人も多い」とのことでした。
英語は日常的に観光客が多くて使う機会も多いので、自然と上達するのでしょう。

a0185007_10163657.jpg

片手にすっぽり収まるくらい小さいのです。
この茶器でお茶をいれると、美味しい! 気のせいではないと思います。

                3つくらい買ってくればよかった~(>_<)!


                            続く~~
[PR]
Commented at 2011-06-23 23:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by i-meisui at 2011-06-24 21:14
>鍵コメさん
ありがとうございます。
台湾は初めてですが、友人に台湾好きが多いことと、中国語の先生が台湾人ということもあり、事前に情報を色々聞いていたのです。
あと、旅に出るときは地図を念入りに見て、だいたいの土地勘も頭にいれておきます。しょっちゅう行くこともできないので、とりあえずメイン観光地を回って、機会があれば、行きそびれたところに行ってみたいとおもいます。(*^_^*)
Commented by とも at 2011-06-25 09:41 x
こんにちわ^^台北の写真、迫力ありますねー。にぎわっていて人々のパワーを感じるというか~。この急須はなんだか手にしっくりきそうな、美しいかたちのものですねえ。いろんなごはんもおいしそう、興味しんしん@_@です。小籠包がめちゃうまそう^^
Commented by i-meisui at 2011-06-25 16:55
>ともさん
こんにちは(^^)/
熱いし人多いし湿度高いし、住むにはパワーがいる所ですね(^^;)
でも、中華系料理は、本当に美味しい。。観光しなくても、食べに行くだけでも幸せですね~♪
by i-meisui | 2011-06-23 07:36 | 旅行 | Comments(4)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui