中国 上海 no.3 (11/17 thu.)

ホテルから地下鉄で一駅の豫園

豫園そのものに着く前に、豫園商城でうろうろしてたら、肝心の豫園は閉館してしまった(>_<)

a0185007_1854475.jpg

豫園商城は、テーマパークみたい。
日本で言えば、倉敷や飛騨高山の昔ながらの町並みを再現した場所のような感じ。
しかし、どっぷり中国なので、観光客にはうれしいかも。。。(私もウレシカッタ)
欧米人の観光ツアー団体様が旗を先頭に2列に並んでぞろぞろ行き交っていた。

夕方から夜にかけての時間帯だったので、建物や提灯にに灯がともり、
なんとも摩訶不思議な雰囲気に、気分がうまくとけ込んでいった。
昼より夜の方がいい。

台湾の九份よりも、より千と千尋の雰囲気出てました。
a0185007_18445391.jpg

妖しげな・・・・西洋鏡 って何?
a0185007_1845875.jpg


ガイドブックによると、ここの小籠包が美味いらしいので、とりあえず行ってみる。
a0185007_18143130.jpg

1階のテイクアウトは長蛇の列。あつあつの小籠包12個くらい入ってて15元ほど(200円くらい)

亭主殿はどうしてもビールが飲みたいので、店内で食すことにしました。
店内では、値段が3倍くらい・・・・・(ガイドブックによると味が違うらしい)

本土初 青岛啤酒 ここのビールはよ~く冷えてました。
a0185007_18234616.jpg

小籠包3種
a0185007_18235976.jpg

結構大きい。

この後、夕食は上海蟹の店を予約してあるのに・・・・大丈夫か?


小籠包を消化させるために、歩いて 外滩へ向かう

途中、問屋街のような所を通過。
季節柄クリスマスオーナメントを売るお店10元均一のお店がたくさん。

亭主殿は、次から次へと「ニセモノアルヨー」と暗闇から出てくる人影に声をかけられて、
追い払うのに四苦八苦。日本人ってわかるんですね。
少し離れて歩いていた私は、中国語でなにやら勧誘されたけど・・・・  

中国の道路は右側通行
車は赤信号でも右折はOKなので、歩行者は冷や冷やデス008.gif
しかも日本と逆で完全に車優先なので、歩行者は常に車を意識してないと轢かれます。
さらに、人も基本的に赤でも車が途切れたスキにどんどん渡る。車が来ると道路の真ん中でやりすごす・・・・

高速を走るタクシーも、シートベルトが壊れていたり、カバーがついていて装着できなかったりです。

そんな交通事情により、朝から晩まで、街中に常にクラクションの音が鳴り響いています。


夜の外滩は、ディズニーランドかスターウオーズの世界のよう。
折しも、月は十四夜の月 東方明珠塔の横にポッカリ浮かんでいました。
a0185007_23183183.jpg

a0185007_23184419.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-17 00:05 | 旅行 | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui