中国 上海 no.11 最終回

4日目
最終回です。
長々と、自己満足にすぎないような記事を読んで下さって、ありがとうございました。謝謝!!


最終日は12:40発の便だったので、観光はできませんでした。

朝食は、ホテル近くの お粥屋さんへ。 
a0185007_19442593.jpg

ちょっと入るのがためらわれるような・・・・別に不潔とかそういうわけではないのですが、
店内は小さなテーブルが3つ、小さいレジが奥に置いてあり、その後ろに厨房のカウンターがあり、
そこから料理を受け渡すようになっている。

まだお客は入って居らず、店の前に若者が1人しゃがんでいる。
韓流スターのように茶髪の前髪をアシメにして、チェックのシャツにダウンベストを着た
ニキビ面の兄ちゃん。(写真に写ってる人は違います)

2人で、入ると、その兄ちゃんがサッと店内に入り、レジへ。店員さんでした。

壁にお粥のメニューとおかずのメニューが貼ってある。
事前にお粥のメニューの勉強をしていなかったのが悔やまれる。

漢字を見て、わかるもの・・・・とかとか排骨とか・・・

亭主殿が「どれが美味しいか聞いてみろ」というので、

「お勧め料理はどれですか」というフレーズは覚えていったのですが、
朝のお粥屋さんで、「お勧め料理」ってーのは、仰々しいだろう・・・・
日本で言えば、駅の立ち食いそば屋でお勧め料理は・・って聞くような物でしょう。
なんて言おうか・・・・・・・・・哪个是好吃・・・・でいいのかな・・・と自信なさげに言うと
兄ちゃん、ポッカ~~ンとした顔で(口は半開きで)私の顔をまじまじと見てかたまっている。

も・・・もしや、おつむのねじがゆるんでる女、と思われたのかも、
それとも、そういう質問に慣れていないのか・・・・
ええい、もういいや「这个一个、这个一个 和榨菜」(これ1個これ1個とザーサイ!!)と、適当に指さして注文してしまった。

a0185007_20181899.jpg

干した骨付き鶏肉の出汁が良く出ていて、コショウがピリッと効いてて、あっつあつで、量もたっぷりで
美味しかった。

お兄ちゃんもその後は、てきぱきと好意的にサービスしてくれました。(^^;)


空港まではタクシーで。
a0185007_20354592.jpg


再见 上海!

台湾の時と比べると、いろいろ中国語を試せたし、聞き取れる言葉も増えた。(気だけかも・・・)
言葉が伝わるって、楽しい。
しかし、ああ言えば良かった、こういえば良かった、と後悔もいっぱいです。




帰りの機内食はカレー
a0185007_2037062.jpg


泰衡路で買ったトランプ 20元だったが、亭主殿がポケットに14元しかなかったので、
これでいい?と値切って買った。中は全部メッシ
メッシって中国語で書くと、梅西(mei xi) 037.gif
a0185007_2114162.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-22 21:56 | | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui