会津 松平家墓所

ようやくお天気が安定してきました。

空も、秋。

暑さ寒さも彼岸まで。 あと少しの辛抱です。


旅の記録に戻ります。

 会津藩主松平家墓所

2代~9代とその子孫の墓所です。

初めは、これが墓石かと思いましたが、これは碑石
a0185007_105361.jpg


その大きさは・・・
a0185007_1083368.jpg

碑石の前に佇む少年(身長183センチくらい)と比べて、その大きさがわかる。



神式のお墓で、その形式は

亀形石を台座とした碑石が前面にあり、  (ささってるみたいで痛そ~(^^;)
a0185007_9594299.jpg


その奥の一段高い場所に灯篭が対に並び、その奥に表石、
a0185007_1035613.jpg


さらに奥に小高い墳丘を造りその上に八角形石組の鎮石が置かれている

9代容保の墓 一番新しく、参拝客も多いようで、特別に全体が見られるような造り。
a0185007_1043026.jpg


それぞれの表石には◎代藩主松平中将◎◎ などど書かれておりますが、

容保は、戊辰戦争時に中将の身分を剥奪されているので、残念ながら標石に「中将」の文字はありませんでした。

街に近い山の中腹全体が墓所となっており、

参拝者もちらほらですが、絶えることなく訪れているようです。
[PR]
by i-meisui | 2013-09-12 10:22 | 旅行 | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui