ルーブルへ行った日《旅の記録7》

前日の市内観光は、半袖で歩きたいくらいの暖かさだったのに、

この日の天気は、

a0185007_20594457.jpg

噴水も寒々しい・・・・・

陰鬱な天気

a0185007_21074141.jpg



ガイドブックには、9時オープンと書いてあったのに、

いつまでたっても開かず、開いたのは10時半。

どうやらスト予告がでており、解決したのがその時間らしい。

ピラミッド前は長蛇の列。

この日は丸一日ルーブルで過ごす予定だったので、お天気も時間も関係なかったのですが。


ミロのヴィーナスは大勢の人に見られて、なんだか苦笑いをしているように見えましたよ。

「はぁ、まいっちゃうわね、もう・・・腕があったら前隠したいんだけど・・・・・疲れるーー」

a0185007_21193696.jpg



地味だけど、娘がやたらと気に入っていたコーナー

a0185007_21103618.jpg
a0185007_21241093.jpg




ゴージャスすぎるナポレオン3世の居室

a0185007_21135685.jpg


ついついクルを思い出してしまうあれこれ

a0185007_21132271.jpg

↑ この手と目と口がクル~

a0185007_21133687.jpg

↑凶暴化してる時のクル~


この日が一番足が疲れました。

この日、一番の思い出は・・・・・

モナリザの前で出会った日本人の青年。

押し合いへし合いのモナリザの前は、最もスリに狙われる場所ということは、有名な話。

私たちがそんな話をしながら、その人混みに近づいていくと、前にいたその青年が振り返って

私たちを見て、ぽつりと、

「やられちゃいました・・・・・」

と、チャックの開いた鞄を見せたのです。

「あんなに言われていたのに・・・知っていたのに・・・・本当にやられちゃいました・・・・」

!!!「パスポートは?大丈夫?」なんて声をかけてあげてよいのやらわからず、それだけ。

パスポートは大丈夫だったようです。


もし、自分だったら・・・もうパリへ来た喜びもなにもかも吹っ飛んでしまうでしょう。

ほんとにお気の毒な人。 
一人旅のようでしたが、帰りにインフォメーションで被害届をだしているらしい姿を見かけました。

その後、どうしたかなぁ・・・




私がお昼に食べたキッシュロレーヌ

a0185007_21143123.jpg

夕食  

a0185007_21475238.jpg

足は疲れたけれど、記憶の中には「本物を見た」素晴らしい思い出がぎっしり。
(あの青年のことはほろ苦い思い出に)

見たかったものもほとんど見られました。
修復中で見られなかったモノは次回のお楽しみとして。
はたして次回はアルのでしょうか?!








[PR]
Commented by BBpinevalley at 2014-04-04 00:40
はじめまして。
旅先で盗難にあうのは、本当に嫌ですね。
でも、ヨーロッパには多いですし、最近の不景気で余計かもしれません。
Commented by i-meisui at 2014-04-04 11:09
BBpinevalleyさん
こんにちは、はじめまして。
コメントありがとうございます。
旅行中は常に鞄が気になって仕方ありませんでした。
面倒でもお財布は鞄のいっちばん底に!ですね。
by i-meisui | 2014-04-03 22:07 | | Comments(2)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui