猫 紐を誤飲

↑と、何度検索したことでしょう…

(この記事は長いです)

a0185007_11003768.jpg

1月5日 クルにお年玉に新しい猫じゃらしを買ってきました。

しばらく遊んであげて、その後自分で遊び初めて、3分くらいで紐を噛み切りました。

a0185007_11015624.jpg

その時、取り上げようかなと思いつつ、熱心に遊んでいたので取り上げませんでした。

少したって飽きたようなので、片付けようとして見たら、

a0185007_11074479.jpg

棒とオモチャ部分をつないでいた50㎝くらいの紐が消えていました。
どこを探しても見つからず、間違いなく飲み込んだと確信。

以前も髪留めの太いゴムを飲み込んで、う◯ちと一緒に出てきたこともあったので、出て来るのを待とうとは思うものの、一応病院に電話しようと診察券を見たら休診日。

その後シーバアミューズ1袋を食べさせる。食べ物と一緒に流れるかと思い。

しかし、心配なので色々検索すると、怖いことが沢山出ているではありませんか!
体験談では、ほとんどが「う◯ちと一緒に出て来た」というものでしたが、動物病院ブログではほとんどが、すぐ受診すべきと書いてあります。
特に細長い紐が腸に絡まると一番危険だと。

そこで市内の動物病院を検索すると、休診のはずのいつもの病院が、本日営業となっていたのですぐに電話して駆けつけました。

飲み込んでから1時間弱。
先生の話だと、猫の場合、吐かせる薬は無いので、内視鏡を入れてつまみ出すか、既に胃の中になければ、腸を切開して取り出すとの事。

……う◯ちから出るかもしれないのに……そんな大ごとになるとは…

内視鏡手術のために、血液検査をして、麻酔をかけて、施術して、夕方なので1泊入院しなくてはならないそうです。紐が出ても出なくても。

その時は既に飲み込んでから1時間はたっていたので、胃の中には無いかもしれない。

しかも、その時、手術室では、やはり竹串誤飲のワンちゃんの手術中で、それが終わってからになるので更に時間が経つわけです。

先生は紐が胃に無かったら、開腹して出すと言うけれど、そうなったら、内視鏡手術と開腹手術と2つの手術をうけるということになり、入院も長くなる。

短時間で散々迷った挙句、先ず私が出した結論は、内視鏡を入れて見て紐が胃の中に無くても開腹手術はしない。
その後は糞に出るか様子を見て、もし様子がおかしいようだったら手術をする、と。

先生は、もし腸に紐が絡まったら大手術になってリスクも猫の負担も高くなりますよと言ったけど、私はう◯ちに出て来る可能性の方が高いと判断。

すぐに血液検査の注射をしました。

検査の結果が出るまで、キャリーに入ったクルを抱えながら、手術の同意書を書きながらも、まだ迷っていました。

麻酔して内視鏡を入れて1泊入院。
紐が取り出せたら、良かった良かった、になるけれど、
取り出せなかったら、無駄にストレスを与えたことになり、
出るう◯ちも出なくなるかもしれない。
しかも時間がたっているので胃の中には無い確率が高い。

クルは以前私達が旅行した時に、餌やりだけを義父上に頼んで留守番させたら、まる3日、う◯ちをしていなかったのです。
それほどストレスに敏感。
入院なんてとんでもない!

やっぱりやめよう…
このままう◯ちから出るのを待とう。
もし、出なくて様子がおかしくなったら、その時は腹を据えて手術を受けさせよう。

血液検査の結果だけ聞いて、先生に謝って、もしもの時はお願いしますと頼み込んで、つれて帰りました。

その夜は私が夕飯が食べられませんでした。
クルにはチュール三本とシーバを大盤振る舞い。ガツガツ食べました。

1月6日金曜日、予定は全てキャンセルして、クルのう◯ち待ち。

クルの様子はいつもと変わらないのですが、心配で心配で、ただのいつもの昼寝かもしれないのに、おなかが痛くて寝ているのではないかと思ってしまう。
ご飯はいつも通り食べた。
しかしこの日はう◯ちは出ませんでした。
やっぱり、内視鏡してもらうべきだったか、私の判断ミスだったか、と悩むが後の祭り。
あの時、最初に噛み切った時、取り上げていれば良かった…
時間を巻き戻したい…


そして今日1月7日朝。
朝イチでトイレチェック!ブツ発見!即ビニール手袋でブツを解体。

ありました!

2つに噛み切られた紐が、2つのブツの中に埋め込まれていました。多分ほぼ全部出たのではないでしょうか。

次のトイレもチェックします。

全て私の失態です!
大反省です!
クル、ごめんね!




それにしても、今でこそ動物にも内視鏡なんて使いますが、昔は無かったし、野良猫さん達も異物食べることもあるだろうし、飼い猫だってお外遊びする子は、何を口にしてるかわからないし、

誤飲→即内視鏡→即開腹手術  
(物や時間によっては内視鏡は有効でしょうが)

って、どうなのかなぁ。

誤飲した異物が吐いたり糞から出る確率の方がずっと高いのではないでしょうか?
腸に絡まったり、腸閉塞になったりする確率はどのくらいあるのでしょうか?

最悪の例が手術なのでは?


ちなみに、内視鏡治療費は80,000円くらいだそうです。
血液検査は8,500円でした。

動物保険、入った方がいいかしら…

正月早々……

クル本人は、けろーっとしてます。
当たり前だよね。楽しく遊んで食べて寝てトイレ行って、いつのも日常に過ぎなかったんだものね。

a0185007_12454657.jpg




















[PR]
Commented at 2017-01-08 23:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by i-meisui at 2017-01-09 15:38
鍵コメ様
コメントありがとうございます。
最近ブログの更新ないなぁと思っておりましたが、程なく気づきました。いつも魅力的な記事、楽しみにしてます!
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
by i-meisui | 2017-01-07 10:56 | | Comments(2)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui