金沢ひとり旅 その5 のと里山海道

2日目朝


どしゃ降り

予め天気予報で覚悟していたが、暴風付きの雨だった。
_| ̄|○
傘をさして歩けないほどの風。

降っても降らなくても、とにかく冬の日本海を見たかったので、駅前のレンタカーを予約しておいた。
石川県のレンタカーは全てスタッドレスタイヤ仕様だから雪でも安心。

8時に金沢駅西口前のトヨタレンタカーを出発。

カーナビを和倉温泉に設定すると、のと里山海道を北上するルートが提示されたので、そのままGO。

a0185007_16022572.jpg

郊外の風景はどこの地方都市も皆同じ感じだ。

朝の通勤車の波に乗って、国道を進む。
のと里山海道を走って荒れ狂う冬の日本海を眺めながら、と思ってナビに従って進むも、なかなか海が現れない。
はて?違うルート?いや、でも、のと里山海道って書いてあるし・・・と疑いつつ車を進めていくと、
道は高架となり、グングン空に向かって延びていく。やがて上り坂の右カーブにさしかかる。
正面は灰色の雨空、銀河鉄道999ばりに空に飛び込んでいく感じが、突如、空の下に一面の大海原、灰色の荒れた日本海が広がった。
思わず、うおおおおおおおーーーっと声が出る。
そのまま大きく右にカーブすると、そこから一直線の海岸沿いの海道に突入。
上の地図の白尾ICから入ったようだ。

わくわくした

高松SAで、コーヒーを飲みながら海を眺めることにする。

a0185007_16210772.jpg

300円もしたが、これって、外の自動販売機のコーヒーとちがう?って味。銘菓「YUKIZURI」がついていたのが救いだ。

雨風が強すぎてまともな写真も撮れない
a0185007_16213189.jpg

できれば、「千里浜なぎさドライブウエイ」を走りたかったが、絶対通行止めだろう。
途中の志雄PAから、「千里浜なぎさドライブウエイ」を眺めてみた。
右も左も波が押し寄せている。しかし、轍が一本。
a0185007_16275900.jpg
a0185007_16265630.jpg
荒れ狂う風に、何故か一羽の烏が立ち向かっていた。
a0185007_16281903.jpg
八咫烏に導かれて、北に進む。




[PR]
by i-meisui | 2017-02-26 15:15 | | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui