カテゴリ:旅( 166 )

LIVE 朝の浅間山

a0185007_09403662.jpg

車窓から
真っ白に冠雪した浅間山。白い噴煙を纏って美しい。



[PR]
by i-meisui | 2017-02-19 09:39 | | Comments(0)
牧丘の道の駅で、種無し巨峰とシャインマスカットをお土産に買う。関東で買うより三割はお安いし、新鮮。
シャインマスカットは、皮ごと食べられるし甘いし、ファンになりました。
その後、勝沼のワイナリーで、スパークリングワインと、葡萄ジュースを買う。
車じゃなかったら、試飲できたのになぁ。

a0185007_15462110.jpg

ランチは、つぐら舎で。
a0185007_15480629.jpg

山梨の定番お土産は、桔梗屋の信玄餅ですが、最近は職場などで配りやすい信玄棒がブーム。

ご当地、信玄餅カントリーマアムも。

今回初めて食べたのは、
a0185007_15501017.jpg
アイスクレープなので、その場で食べちゃったけど、美味しかった。
a0185007_15505782.jpg

信玄餅アイスもありましたよ。

黒蜜きな粉味にモチモチ餅の組み合わせで、全てが信玄餅ナンタラになりますね。

a0185007_15545815.jpg
さすが、信玄さん。







[PR]
by i-meisui | 2016-10-15 15:38 | | Comments(0)

恵林寺で精進料理

a0185007_23271720.jpg

恵林寺に寄りました。燦然と輝く武田菱。
武田信玄の菩提寺です。
立派なお寺です。

a0185007_23283324.jpg

a0185007_23285637.jpg

信玄の月命日12日のみ、お墓にお参りできますが、鶯廊下の先の御霊屋にはいつでもお参りできます。

境内の茶店で、ミニ精進料理をいただきました。
a0185007_23272182.jpg
蓬、枯露柿、オクラの花の天ぷら。
枯露柿は、この辺りの名物だそうです。
自家製胡麻豆腐など。
お麩の甘辛煮は、お肉のようでした。

これだけでもお腹いっぱいになりました。

お寺の境内には、こんな子や
a0185007_23333277.jpg

こんな子も
a0185007_23340887.jpg




[PR]
by i-meisui | 2016-10-12 23:26 | | Comments(0)
虫の音が一段と澄んできて、ようやく秋がやってきました。

先週の連休前半は、友人とカラダメンテナンスしてきました。

こんな所へ。

a0185007_18131578.jpg


ここは、何処もかしこも甘い香りの葡萄がたわわに実る、この季節。

家族で農作業をしている果樹園の人々。

まるで、桃源郷。葡萄だけど。

山梨の、甲州市です。

勝沼インターから山の方へ30分ほど登った、標高800mあたりにある「保健農園フフ山梨」に宿泊しました。

a0185007_19133658.jpg


遠くが湖のように見えますが、これは所謂 雲海

雲の下は街です。

綺麗に晴れている景色もいいけれど、こうして複雑なお天気の景色の方が、面白い。
a0185007_19145906.jpg


早めに露天ジャグジーに入りました。この日はミント湯。ミントのいい香り。
日没前だったので、甲州市が一望でき、爽やかな風に吹かれていつまでも浸っていられそうでした。

a0185007_18274325.jpg


夕方5時から6時までは、広い庭に面したホールで、カラダメンテナンス。リンパマッサージやバランスポールなどで、身体の端から端までほぐして、すっっっきり。

その日は平日の夜だったので、メンバーは、私と友人と、一人旅の女性の3人だけ。
話が盛り上がって、夕食も3人で一緒にいただきました。

自家農園の野菜を使った、優しい味のお料理。

まきた葡萄園の、スパークリングワインで乾杯。
a0185007_18385543.jpg


そうめんカボチャのカルボナーラ
a0185007_18402458.jpg

手作りパンはもちもちで美味しくて、お代わり自由なんだけど、お腹に余力が無くて…残念。

ポークリブステーキ ボリュームたっぷり。
a0185007_18421179.jpg

デザートのムース。コーヒーor紅茶
a0185007_18431622.jpg


夕食後は、暖炉ルームに用意されたリンゴ酢葡萄をいただきながら、ゆったりとおしゃべり。

a0185007_18484973.jpg


a0185007_18490325.jpg


暖炉ルームは、図書室にもなっていて、興味深い本が綺麗にディスプレイされていました。

ここで知り合った一人旅の女性は、遅い夏休み消化で、なんと5泊目ということ。
昼間は別のプログラムに参加したり、夜も天体観測や読書などしたり、のんびりしたり。

いいなぁ〜優雅だわー、独身貴族。

夜は虫の声以外は何も聞こえない静寂の中で、熟睡。


翌朝は、7時から、近くのお寺のイケメン住職さん指導による座禅! (イケメンなんて・・・仏罰が・・・)
臨済宗だそうです。

同じ姿勢を続けていると、あちこちが緊張してきて、だんだん肩が凝ってきたり、腰がいたくなってきます。
そんな時に、警策で背中の左右の肩甲骨をパンパンと叩いてもらうと、体の余分な力が抜けて、楽になるのです。
これがまた気持ちいいのだ。
あれは、お仕置き的なものではないんですね。

座禅は、調身、調息、調心
深い腹式呼吸が、眼目。
お腹が動き始めて、皆のお腹がギュルルル〜となり始めるのです。健康的。

法話と座禅で1時間。

その後朝食。
カメラを持って出なかったので、写真はネットからお借りしました。
a0185007_19061279.jpg

この日は、お汁は具沢山のけんちん汁でした。
スムージーは、ラズベリーと人参のスムージー。
毎日メニューは変わるそうです。
a0185007_19073967.jpg


豊穣の秋。バッカスがあらわれそうな。ディズニー映画ファンタジア田園の風景が重なりました。
a0185007_21344095.jpg













[PR]
by i-meisui | 2016-10-12 18:09 | | Comments(0)
ダイビングのライセンスを取得してから5年。

それから5年。1度も海に行っていなかったっけ?
あららら、あっという間に5年も過ぎていました。

8/8 朝、船で慶良間諸島に行き、1日海上で過ごしました。

5年ぶりのダイビング。
当然完全に初心者に逆戻り。
最初の15分くらいは恐怖すら感じました。
2人のインストラクターさんと一緒でしたが、
潜り始めてすぐに、
左右で亭主殿と娘が049.gifサインを出して浮上していくし。
(049.gifは浮上、050.gifは潜水の合図)
亭主殿は海水をしこたま飲んで、娘は心構え不足でパニック、2人とも一旦浮上して仕切り直し。

見てるこっちも不安になってしまう。
私は左の耳が抜けにくいのが辛い。

a0185007_14572534.jpeg

ダイビング1本の後は、ひたすらシュノーケリング。
シュノーケリングで十分楽しめるじゃん!ということで、
楽な道を選択する根性無し。
a0185007_22131597.jpeg
ウミガメさんも沢山いました。

朝まで雷雨だったので天気は晴れたり曇ったり雨降ったり、コロコロ変わり、魚は若干少なめだったかも。

a0185007_15012815.jpeg

でも、水の青いこと青いこと!
どうしてこんなに青いのでしょう?
a0185007_15021801.jpeg

a0185007_15024322.jpeg

ダイビングも毎年1回だけでもいいから、細く長く続けていれば良かったなとその時は思いましたが、

やっぱり、海の底という所は、人間が行ってはいけない場所なのだ。この美景を人間が荒らしてはいけない。
ほんのちょっぴりのぞかせてもらうだけで十分。

a0185007_22152931.jpeg

a0185007_22154017.jpeg

a0185007_22155399.jpeg

この美しい景色は、ここでも見られる。

※ 上3枚の写真は…

a0185007_22173090.jpeg


この水族館の水槽の景色が、そのまま広い海に展開している。
自然の神秘。




[PR]
by i-meisui | 2016-08-13 14:44 | | Comments(0)

沖縄料理

a0185007_00421156.jpeg
夏休みにかんぱーい!

今回は、娘が免許を取ったので、父母は心置きなく飲めるのだ。

3年前の夏は息子をドライバーにしたっけ。

こういう日が来るのを待っていました。

a0185007_00503564.jpeg
定番海ぶどうをシークワーサーのきいた酢味噌で、贅沢にぐわしぐわしいただく。プチプチの歯ごたえと磯の香りがふわ〜

a0185007_00522382.jpeg
スクガラス豆腐。なぜか大好きな娘。アンチョビみたいだから好きなんだとか。ビールよりも泡盛や日本酒にあう。
a0185007_00545013.jpeg
古酒をロックで。ウヰスキーのようにまろやか

a0185007_20204290.jpeg
豚バラの塩漬け、スーチカー、レモンを絞って。これはビールにピッタシ!

a0185007_20212044.jpeg
本日のおすすめ、和牛もも肉のたたき。柔らかし!

a0185007_20222470.jpeg
揚げ出し豆腐 沖縄料理か?
中が熱々で美味い。

a0185007_20232390.jpeg
アーサと鮭のお茶漬け

このたび初挑戦の山羊汁 ↓

a0185007_20240115.jpeg
生姜とヨモギを薬味にして。
ヨモギというのが衝撃的。道端から収穫してきた?
a0185007_20254557.jpeg
青くさい草の味。できたら青ネギとか香菜とかの方が…

山羊汁は、食べ終わったあと数時間はゲップとともに山羊汁の香りが戻ってきます。
マトンとモツを煮込んだ感じ。
慣れるとクセになるそうですが。

タコライス

a0185007_20302183.jpeg

ハンバーガーはアメリカンサイズ
a0185007_20305245.jpeg


ブルーシールにて。
娘はパイナップルアイス。私はタピオカ入りココナッツジュース。亭主殿はタピオカシークワーサー
a0185007_20312226.jpeg
娘がブルーシール、ブルーシールっていうもんだからどんな食べ物なんだろうって思ってたら、ブルーシールって、お店の名前なのね。

以上スマホで撮影したもののみ記録してみました。




[PR]
by i-meisui | 2016-08-11 00:37 | | Comments(0)

沖縄の天気

a0185007_11081609.jpeg

[PR]
by i-meisui | 2016-08-09 11:07 | | Comments(0)

沖縄のお天気は

朝7時、雷ゴロゴロの雨ザーザー

なのに、船は出航する。

すると、

a0185007_16395965.jpeg

てるてる坊主様様様!!

a0185007_16423885.jpeg








[PR]
by i-meisui | 2016-08-08 16:35 | | Comments(0)

夏休み 南へ

a0185007_20105780.jpeg
空港で朝食をかきこんで
a0185007_20121832.jpeg
着いた南の島は、
a0185007_20131368.jpeg

057.gif …… _| ̄|○

関東は台風が近づいているようですが、その影響ではないそうです。

とりあえず、チンアナゴにご挨拶して、「お久しぶり〜」
a0185007_20334332.jpeg
ホテルに到着。
a0185007_20330889.jpeg
明日は晴れますように。
a0185007_22145682.jpeg


[PR]
by i-meisui | 2016-08-07 20:09 | | Comments(0)

灘の酒蔵めぐり

神戸には、震災前に2度ほどでしたから、20年以上ぶり。

その頃はまだ日本酒の美味しさはわかりませんでしたが、
今では少しは(?)味わえるようになりました。

a0185007_00072552.jpeg
いまや誰でも知っている全国区の酒屋さんがひしめき合う灘地区。

試飲目当ての飲兵衛が、どこからともなく集まってくる。

a0185007_00035611.jpeg

a0185007_00092959.jpeg

福寿は、これで話題に。
a0185007_00104984.jpeg


白鶴
さすがにここは、観光バスで外国人観光客が沢山訪れていました。

a0185007_00115087.jpeg

甘酒ソフト。

a0185007_00133382.jpeg

菊正宗

a0185007_00142462.jpeg

櫻正宗

a0185007_00145164.jpeg

剣菱 写真無し。(ここは一般公開していないようでした。剣菱好きなのだけどな)

浜福鶴
a0185007_00153779.jpeg
こちらでは、とどめに有料試飲でこれをいただく。
a0185007_00171243.jpeg

a0185007_00173155.jpeg

うぃ〜〜〜っ。・°°・°°・。*
・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

どの酒蔵さんでも果実酒が充実していて、目移りして困りました。

a0185007_00204583.jpeg
その他、ゆず酒や甲南漬けなどをお土産に購入。

この日は、約20,000歩ほど歩きましたせいか、ほとんど酔わず。

ノーベル賞晩餐会で振る舞われたという福寿は今日飲んでしまいましたが、くせのないサラリとした飲み口で、なるほど外国人にも受け入れられるお味だと思いました。
軽い白ワインのようでした。

今回の旅ではまあよく歩き、よく飲んだ飲んだ。
ウオーキングとホットヨガで身体を鍛えたからか、ほとんど疲れ無し!












[PR]
by i-meisui | 2016-05-03 23:59 | | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui