<   2011年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

鮭マヨ (11/28 mon.)

a0185007_20181147.jpg


フライパンの上で撮影したので、見目が悪いですが、お味は◎! 

マヨ+砂糖+しお+コショウ  粉をまぶして揚げ焼きにしてから、からめる。
[PR]
by i-meisui | 2011-11-28 20:23 | | Comments(0)

試験 (11/27 sun.)

秋ですね。。。。
今日は・・・・試験を受けてきました。
紅葉した街路樹の下、落ち葉舞う大学横の石畳の道を歩いていると、
なんだか、学生に戻ったみたいで、ウキウキ。


試験なんて・・・・・・十年ぶりデス。。。

                         教員採用試験以来だ!     

なんと、胃がすこ~し痛くなるほど緊張してたようです。生徒の気持ちを実感012.gif

ようやく終わって、スッキリ! 

帰宅後すぐにネットに解答が出るので、自己採点もしました。
ドキドキ053.gif とりあえず合格している模様!070.gifヤッター!!!
結果が届くのは一ヵ月後だから、それまでは心配ですが、
次回の試験に向けてまた頑張るぞ!!

上海の写真を整理してたら、こんな写真があった。
なんだか絵みたいです。
a0185007_1722335.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-27 17:42 | 中国語 | Comments(4)

花茶 (11/27 sun.)

a0185007_111936.jpg

杭州で買った、花茶のジャスミン茶 これにキンモクセイの花を入れる。(買ってこなかった・・・)

わざとらしく付けた香りではなく、ほなかな優しい香り。

写真はイマイチ(>_<) 
[PR]
by i-meisui | 2011-11-27 11:22 | 薬膳 | Comments(0)
最近話題になっている、歩道を走る危険自転車。

上海では、こんな感じに自転車&電動バイク専用路が作られてました。
a0185007_19344730.jpg

(このバイクは電動じゃないですね)
きちんと縁石で区切られているので、車は進入も駐車もできません。

うっかりしてると、歩行者の自分がそこを歩いてて、ハッとしてしまうことも。
歩道は狭くて物をおいてあったり、敷石がボコボコしてて歩きにくいので、ついつい。

日本では、無理かもしれませんね・・・残念ながら。


さて、自転車専用路と味噌ラーメン、なんの関係もありません。スミマセン

先日昼に食べた味噌ラーメン
a0185007_1942211.jpg
 

卵を入れたいけど生卵はイヤだったので、耐熱カップに卵を割り入れて竹串で黄身にスッと穴をあけ、軽く蓋をしてチン。
白身が煮えすぎてしまった。
[PR]
by i-meisui | 2011-11-25 19:45 | | Comments(0)

ミシン (11/24 thu.)

NHKの朝の連ドラを、土曜日にBSで1週間分まとめて見る。
なかなか面白い(^^) 

そういえば、上海のあちこちで見かけた洋裁屋さん

小さなお店の入り口に、ミシンが置いてあるのが目印。

ディスプレイだけかと思ってたら、ちゃんとこのミシンで仕事をしていた。

中国では、女性も仕事を持つのはあたりまえで、専業主婦はほとんどいないそうですが、
これだけで生活しているのかしらん。それともご主人がいて共働き?
でも、上海で小さいながらも自分のお店を持ってるって、もしかしたらすごいことなのかな?
などと、いろいろ想像してしまった。

a0185007_8542630.jpg

きっと、どこそこのお店は腕が良いとか、地元の人達は知っていて頼むのかな。

長期滞在するなら、試してみたいな、と思いました。
[PR]
by i-meisui | 2011-11-24 09:04 | | Comments(2)
a0185007_16365278.jpg


久しぶりに鯖。三重県産。 しかし・・・もはやどこで揚がった魚も同じかと。
原発から垂れ流された汚染水が、日付変更線に既に達しているというし。


さて、我が家では、長男がいよいよ一人暮らしを始めるという方向でことが進んでます。
ホントに一人で暮らせるのか?
[PR]
by i-meisui | 2011-11-23 16:40 | | Comments(2)
4日目
最終回です。
長々と、自己満足にすぎないような記事を読んで下さって、ありがとうございました。謝謝!!


最終日は12:40発の便だったので、観光はできませんでした。

朝食は、ホテル近くの お粥屋さんへ。 
a0185007_19442593.jpg

ちょっと入るのがためらわれるような・・・・別に不潔とかそういうわけではないのですが、
店内は小さなテーブルが3つ、小さいレジが奥に置いてあり、その後ろに厨房のカウンターがあり、
そこから料理を受け渡すようになっている。

まだお客は入って居らず、店の前に若者が1人しゃがんでいる。
韓流スターのように茶髪の前髪をアシメにして、チェックのシャツにダウンベストを着た
ニキビ面の兄ちゃん。(写真に写ってる人は違います)

2人で、入ると、その兄ちゃんがサッと店内に入り、レジへ。店員さんでした。

壁にお粥のメニューとおかずのメニューが貼ってある。
事前にお粥のメニューの勉強をしていなかったのが悔やまれる。

漢字を見て、わかるもの・・・・とかとか排骨とか・・・

亭主殿が「どれが美味しいか聞いてみろ」というので、

「お勧め料理はどれですか」というフレーズは覚えていったのですが、
朝のお粥屋さんで、「お勧め料理」ってーのは、仰々しいだろう・・・・
日本で言えば、駅の立ち食いそば屋でお勧め料理は・・って聞くような物でしょう。
なんて言おうか・・・・・・・・・哪个是好吃・・・・でいいのかな・・・と自信なさげに言うと
兄ちゃん、ポッカ~~ンとした顔で(口は半開きで)私の顔をまじまじと見てかたまっている。

も・・・もしや、おつむのねじがゆるんでる女、と思われたのかも、
それとも、そういう質問に慣れていないのか・・・・
ええい、もういいや「这个一个、这个一个 和榨菜」(これ1個これ1個とザーサイ!!)と、適当に指さして注文してしまった。

a0185007_20181899.jpg

干した骨付き鶏肉の出汁が良く出ていて、コショウがピリッと効いてて、あっつあつで、量もたっぷりで
美味しかった。

お兄ちゃんもその後は、てきぱきと好意的にサービスしてくれました。(^^;)


空港まではタクシーで。
a0185007_20354592.jpg


再见 上海!

台湾の時と比べると、いろいろ中国語を試せたし、聞き取れる言葉も増えた。(気だけかも・・・)
言葉が伝わるって、楽しい。
しかし、ああ言えば良かった、こういえば良かった、と後悔もいっぱいです。




帰りの機内食はカレー
a0185007_2037062.jpg


泰衡路で買ったトランプ 20元だったが、亭主殿がポケットに14元しかなかったので、
これでいい?と値切って買った。中は全部メッシ
メッシって中国語で書くと、梅西(mei xi) 037.gif
a0185007_2114162.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-22 21:56 | | Comments(0)

中国 上海 no.10

3日目 その3

いよいよ最後の夜です。

展望台を後にして、タクシーで地下鉄9号線の「商城路駅」に行くために、

きちんと紙に書いてドライバーに見せながら伝えた。

すると・・・降ろされた駅は地下鉄2号線の「東昌路駅」   なぜに?なぜに?

発音も「shang cheng lu」 「 dong chang lu」 似て無くもないけど、なにより紙に書いたのに!!!
地下鉄9号線は、出来たのが新しいのかもしれず、ドライバーも駅名をまだ覚えきっていないのでは?


運良く、駅同士が1ブロックくらいしか離れていなかったので、歩いて商城路駅に行けました。


向かったのは泰康路 というエリア、上海で今、若者や旅行者に人気のスポット らしい。
a0185007_17282748.jpg

a0185007_17284069.jpg

「おしゃれでハイセンスなショップや世界各国のレストラン、アトリエなどが点在し・・・・」(ガイドブック)

亭主殿はイマイチ興味なさそうだった。

女同士だったら楽しめそう。


亭主殿曰く、「上海はブ◎ばっかりと思ってたけど、ここはなんだか美人が多いよ~♪」 (ヨクミテルヨ、ッタク、)

何故か?

それは、美人は昼間は都会のオフィスで働いてて、夜になると、こういうハイセンスな場所に集まるのでしょう。(我推測)


夕飯は、ベトナム料理屋でふぉ~ 
a0185007_17355852.jpg

a0185007_2119534.jpg
青島ビールの純生068.gifも飲めたし♪
と、コーヒー
コーヒーは気をつけねば、先日の間違えを繰り返さぬように、
「不甜的 热的」(甘くない、ホットのね) と付け加えた。
a0185007_17384255.jpg

出てきたのはベトナム式コーヒーだった!・・・・・・どうやって飲むのか?
「怎么喝?」と呟いたら、 伝わったらしく、教えてくれた。  

しかし、このコーヒーは、砂糖無しでは苦すぎて飲めない(>_<)
一応「糖」が添えられていたので、良かった。


その後、pm7:30からは、予約してた上海雑伎団。
劇場は泰康路からは歩いてすぐの場所。
a0185007_1747838.jpg


私は、見たくなかったのです・・・・
なぜなら、なんとなく悲しくなるから
かつてのサーカスというものに漂うなんとももの悲しい雰囲気に、似たものを感じるからです。
(できれば、京劇の方が良かった(-_-) )

亭主殿は、会社の人々に是非本場で見た方が良いと言われて、楽しみにしていたらしく、
ホテルの彼に、「日本人は皆雑伎団が好きだから、見た方がイイ。予約とりますよ。」と言われて、
初日に即予約を入れてしまいました。

観客は当然外国人ばかり、日本人のおじちゃん団体が多かった。
私の隣には、腰が高く恐ろしくお尻の大きなアメリカ人おばちゃんが座り、
最初から最後まで「oh my God!!oh,my God !!」と叫び続けていた。
日本でも、よくテレビで見るので、珍しくは無かったけど、
目の前(前から6列目だった)で見ると1人1人の表情がよく見えて、興味深かった。

12人で1台の自転車に乗る技で、全員が崩れてすっころんでしまい、
一番笑顔の可愛い美人さんが、泣きそうな顔になったのが、悲しかった。

彼らは、毎日毎日夜7:30からここで演技を行っているのです。
体力的にもきついでしょうね。

一番すごかったのがバイクのショー 動画You Tube
[PR]
by i-meisui | 2011-11-21 18:09 | | Comments(2)

中国 上海 no.9

3日目 その2

龍華古寺を出て、初めてタクシーに乗った。行き先は「常熟路站」(常熟路駅)
最初のタクシー
 行き先を紙に書いて見せると、一目見て手を顔の前でブンブン振って「不知道 不知道」(知らない知らない)と断られた。

タクシーのドライバーが、知らないなんてあり得るの? 驚き! 体よく断られただけ?

次のタクシードライバーは、紙を見ると笑って、両手を左右に広げてなにやら言っている、
「常熟路は、広いので、そのどこに行けばいいの?」と言っているようだったので、
「地铁站」(地下鉄の駅)と言ったら、
「ああ、はいはい、わかったわかった、乗りな」と肩越しに親指で後部座席を指した。

地下鉄の駅名は、ほとんどが、通りの名前と同じなので、ちゃんと「地下鉄の駅」と強調しなければわからないのかもしれない。
(日本で言えば、「春日通り駅」とか「晴海通り駅」などという感じ)

でも、見せた紙には「常熟路」 「」=「駅」と書いたし・・・・

後で気づいたけど、「駅」というと日本では電車の駅を指すけれど、
中国では、電車バスタクシー乗り場も全て「站」(駅)だった。

私がタクシーに首を突っ込んで交渉している間に、
隣に立っていた亭主殿は、物乞いのお婆さんにしつこく絡まれていたらしく、
あまりのしつこさにポケットに入っていた1元コインを渡すはめに。(全然気づかなかった(^^;))


さて、無事到着した界隈は・・・・
a0185007_8524832.jpg

こんな感じに、プラタナスなどの街路樹が並び、
a0185007_8532266.jpg

古いながらも洋風な街並み。

旧フランス租界エリア

自然、欧米人が集まるエリアで、急に金髪姿や高級車が増える。
リヤカーに花を沢山摘んだ花屋さんの姿も。

所々にあるカフェは、歩道にテーブルを出してあり、そこにはたくさんの欧米人が
土曜日のブランチを楽しんでいた。 半袖多し。
観光客は、服装とカメラでだいたい見分けが付く。

a0185007_921392.jpg

そこで、我々もここでランチにすることに。
パンが豊富で美味しそうだった。
a0185007_9104793.jpg

店員は皆中国人ですが、
「ボンジュール」「ハロー」「你好」と様々な言葉が飛び交い、
隣のテーブルには、赤ちゃん連れの家族、ママは中国人、パパはアメリカ人(旦那の推測)。
パパは店員には中国語で語り、家族内では英語だった。
a0185007_910316.jpg

亭主殿はビール→冷えてました。
私は「キャロットとトマトのフレッシュジュース」にしてみた。→やはり常温。


ゆっくり休憩して、出発!

次の目的地は、亭主殿の希望で・・・・
a0185007_9442320.jpg

ここ。 上海で一番高いビルの展望台。↓左側のビル
a0185007_10424436.jpg


台北で101に登りたかった亭主殿は、私に却下されて恨んでいたらしい。

この界隈は、また、別世界のようです。
a0185007_9461746.jpg

a0185007_9464567.jpg

外国人とお上りさんだらけです。(あたりまえだけど)
最上階まで、登るのは良いけれど、
下り専用が1台になっており、降りるのに大行列。
やはり中国人のおじさん団体は、列を無視して割り込みしようとしますが、係の小姐にバシッと注意されてました。

 フレッシュジュースで休憩 梨、西瓜 → やはり常温
a0185007_101790.jpg


陽が傾いてきて、そろそろ夕方。夕方、夜は、寒くなります。
[PR]
by i-meisui | 2011-11-20 09:14 | | Comments(0)

中国 上海 no.8

3日目 その1

a0185007_15513237.jpg


本日は市内を歩き回る日

朝の町の様子は活気があって、私は好きです。
a0185007_1559157.jpg
朝ご飯。
1個 20円くらいだった。
中のお肉がコロッとしているので
亭主殿は、丸ごとコロッと地面に落下させてしまった!
残念!





朝から、このようなお店が沢山開店しており、
出勤する人々などが朝食をとっている。
湯気がもうもうとあちこちから立ち上っていた。
a0185007_15573523.jpg

a0185007_1558116.jpg

魚屋
a0185007_15582538.jpg

南京東路では、あちこちで様々な朝の運動を行っている。
有名な「太極拳」グループは居ず、
社交ダンスやら踊りやら を 老若男女が楽しんでいました。
a0185007_155840100.jpg


人民広場まで歩いて、龍華古寺 へ。

ホテルのフロントの小姐達に行き方を聞くと、
なんと小姐達はそのお寺を知らないようでした。
ドアマンやらベルボーイなどを呼んで、あーでもないこーでもない、あそこには駅がない
など、大騒ぎになってしまい、
最後はいつものコンシェルジェがまとめ上げてくれました。

なぜ、龍華古寺に行きたかったかというと・・・・・

せっかく江南の地に来たのだから、なんらかの「三国志」ゆかりの地に行ってみたかったのです。

  (「三国志」だったら、本当はもっと内陸、長江の中流まで行くとよいのですが・・・)

龍華古寺は、呉の孫権により創建されたという上海最古の寺院なのだそうです。

ホテルの小姐達が知らないのも仕方ないですね。
日本だって、私達は桜田門とか見に行こうとは思わないけど、
日本史好きの外国人観光客は、必見の場所だそうですね。

山門
参拝料10元 入るとお線香の束をもらい、火を付けて身を清める。
a0185007_16245785.jpg

この塔は傾いているのです
a0185007_1625829.jpg

仏像が、とにかくいっぱい!
a0185007_1625228.jpg

a0185007_16253390.jpg
a0185007_16254429.jpg

多くの建物の中に沢山の仏様がいらっしゃって、
皆、熱心に祈りを捧げていました。
[PR]
by i-meisui | 2011-11-19 16:47 | | Comments(2)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui