台北1日目 no.3 圓山大飯店、雙連、士林夜市、丸山魯肉飯、竹戀

最初に宿泊予定だった圓山大飯店を見学しておこうということで、
ホテルからタクシーで出発。
降りるときに言ってみたかった 「不用找了」 (オツリハイラナイワ)(*´艸`)キャ 通じた!

圓山大飯店は、ツアーご一行様達がまだ観光中のためか、閑散としていましたが、
広い、でかい、赤い、中華民国!
a0185007_12345045.jpg

やはり中国からのお客様が多いですね。
a0185007_12495363.jpg

内部もあちこち散策してきました。
結論、やっぱりここに泊まるなら、本館の高層階cityview。
たいして値段が変わらないなら旧館は避けた方がよさそうです。
ドアマンの小姐達が可愛くて、気軽に写真撮影もOKしてくれました。
暇、だったからかも?

圓山大飯店からホテルの送迎バスで、地下鉄の圓山駅へ行き、初めて電車にチャレンジ。
台北の地下鉄、MRT捷運に乗りました。
切符売り場もわかりやすいし、構内の案内表示も丁寧で、初めてでも全く困らないと思いました。
a0185007_12501336.jpg

切符はコインで、乗るときにパスモのようにかざしてピッ。降りるときはコイン投入口に入れる、というシステム。エコ! プリペイドカードもありました。
初乗りが20元(約55円)で安い!
車内も駅も清潔で、人々の姿もなんだか日本に居るかのような錯覚をおこすほどです。
あちこちから聞こえてくる中国語の単語単語が耳に拾えて、なんだかうれしかった(*^_^*)

そして雙連站で降りて、少し町を散策。
先生に教えて貰った甘味処、雙連圓仔湯に入りました。

この甘味の名称はなんと言うのでしょうか?粉圓?夏は下にかき氷、冬はお汁粉みたいになるようです。
a0185007_1354945.jpg

私は、金時豆+ピーナッツ+タロイモペースト+白玉  下はかき氷
旦那は、まさかのコーンでした(^^;)
私が「おいしい、おいしい」と言ってたら、
2Fのスタッフのお兄さんが、ニコニコしながら日本語で「おいしい!おいしい」!
暇そうだったので、質問をしてみた。夜市が近くにあるので
夜市 几点开始?」(夜市は何時に始まるの?)ニコッ(^^) 
するとお兄さん、片手をパーに開きながら、「寧夏路夜市!  点! 点 開始!」ニコッ(^^)
「5」だけ、日本語の「ご」と発音してくれているのですね。 ちゃんと伝えようというやさしさなんですね~
「五点、明白了!謝謝!」ニコッ
「不客气」ニコッ

しかし、時間はまだまだ先なので、地下街を歩いて、中山三越で着替え用のTシャツを買い、
再び捷運に乗り、劍潭まで行き、士林夜市
a0185007_1326836.jpg

平日なのにまだ明るいのに、人人人、観光バスバスバス(主に中国人観光客)
どうやらここの一番人気は「鶏炸」フライドチキンのようでした。
どの屋台、店も大行列。
鶏モモ1枚を開いて揚げてあり、ボリュームがあります。
若くはない我々には無理・・・夕食に響いてしまうので、
少しだけ列を作っていた屋台で「肉包、两个」買って1個ずつ食べました。

あまりの人の多さゆえ、暗くなるのを待たずに退散!
タクシーでホテルに戻り、ホテルの隣の台湾料理「丸林魯肉飯」へ。
a0185007_13472572.jpg

a0185007_13474995.jpg
店名の通り、魯肉飯のお店。
他のおかずが入らなくなると困るので、
魯肉飯にしました。
八角が効いていて美味しい。









a0185007_13493665.jpg
そして、台湾ではやっぱり
台湾ビール
台湾のビールはどこでも良く冷えてます。
暑い国で飲むビールは旨い!








a0185007_13515326.jpg

鶏肉、牛肉、海鮮、卵 料理
卵焼きは、塩の分量を間違えたのかと思うほど塩辛かった!(>_<)
他のは大変美味しく、味は濃いめなので、白いご飯に乗せて食べます。
ビールにも良く合いま~す♪

さて、本日の〆は
a0185007_13581039.jpg

                                   ↑ 私ではなく、地元の人ね。
ベルボーイのおじちゃんに教えて貰ったお店 竹戀
ホテルから4~50㍍の並びにあります。
私 → 足裏30分 500元
夫 → 足裏30分+上半身30分 1000元

私は、初体験です。TVなどで見ると、すごおく痛そうですが、
私は、痛気持ちいい感じ。(健康だから?)
1日歩き回った足がスッキリ爽快

そうそう、ここで一台ずつついてるテレビで、金城武を見た!
最近日本で見ないけど、やっぱり台湾にはいるのね~053.gif

亭主殿は、1時間コースなので、先に帰ることにして
「我回家、他結帳」と言い、ホテルに戻りました。(帰ります。彼が精算します)
「回家」でいいのかな? home じゃなくて hotel なんだけど・・・
「我先走了」の方がよかったかな・・・ま、いっか!       などど考えながら。
[PR]
by i-meisui | 2011-06-20 12:35 |

旅の記録だけ残します。「旅」「一人旅」カテゴリからご覧ください。


by meisui