カテゴリ:旅( 184 )

ホテルから地下鉄で一駅の豫園

豫園そのものに着く前に、豫園商城でうろうろしてたら、肝心の豫園は閉館してしまった(>_<)

a0185007_1854475.jpg

豫園商城は、テーマパークみたい。
日本で言えば、倉敷や飛騨高山の昔ながらの町並みを再現した場所のような感じ。
しかし、どっぷり中国なので、観光客にはうれしいかも。。。(私もウレシカッタ)
欧米人の観光ツアー団体様が旗を先頭に2列に並んでぞろぞろ行き交っていた。

夕方から夜にかけての時間帯だったので、建物や提灯にに灯がともり、
なんとも摩訶不思議な雰囲気に、気分がうまくとけ込んでいった。
昼より夜の方がいい。

台湾の九份よりも、より千と千尋の雰囲気出てました。
a0185007_18445391.jpg

妖しげな・・・・西洋鏡 って何?
a0185007_1845875.jpg


ガイドブックによると、ここの小籠包が美味いらしいので、とりあえず行ってみる。
a0185007_18143130.jpg

1階のテイクアウトは長蛇の列。あつあつの小籠包12個くらい入ってて15元ほど(200円くらい)

亭主殿はどうしてもビールが飲みたいので、店内で食すことにしました。
店内では、値段が3倍くらい・・・・・(ガイドブックによると味が違うらしい)

本土初 青岛啤酒 ここのビールはよ~く冷えてました。
a0185007_18234616.jpg

小籠包3種
a0185007_18235976.jpg

結構大きい。

この後、夕食は上海蟹の店を予約してあるのに・・・・大丈夫か?


小籠包を消化させるために、歩いて 外滩へ向かう

途中、問屋街のような所を通過。
季節柄クリスマスオーナメントを売るお店10元均一のお店がたくさん。

亭主殿は、次から次へと「ニセモノアルヨー」と暗闇から出てくる人影に声をかけられて、
追い払うのに四苦八苦。日本人ってわかるんですね。
少し離れて歩いていた私は、中国語でなにやら勧誘されたけど・・・・  

中国の道路は右側通行
車は赤信号でも右折はOKなので、歩行者は冷や冷やデス008.gif
しかも日本と逆で完全に車優先なので、歩行者は常に車を意識してないと轢かれます。
さらに、人も基本的に赤でも車が途切れたスキにどんどん渡る。車が来ると道路の真ん中でやりすごす・・・・

高速を走るタクシーも、シートベルトが壊れていたり、カバーがついていて装着できなかったりです。

そんな交通事情により、朝から晩まで、街中に常にクラクションの音が鳴り響いています。


夜の外滩は、ディズニーランドかスターウオーズの世界のよう。
折しも、月は十四夜の月 東方明珠塔の横にポッカリ浮かんでいました。
a0185007_23183183.jpg

a0185007_23184419.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-17 00:05 | | Comments(0)
今回は、飛行機はJALカードのマイレージを使ったのでタダ。

ホテルは、expediaで立地と値段と口コミを見て予約しました。 
中国は一泊5000円くらいでも、十分いいホテルがある(旦那談)そうです。

南京東路駅から徒歩5分くらいの、北京東路にある

 「上海新協通国際大飯店」 The Bund Riverside Hotel☆☆☆☆
a0185007_2056369.jpg

a0185007_20571186.jpg

a0185007_20565181.jpg


窓から外滩の景色がばっちり!
a0185007_21234754.jpg

さて、ホテルでは英語OK。しかしここは、英語ペラペラスタッフは1名。
a0185007_21562089.jpg
←彼。大変お世話になりました。040.gif
思うに、典型的な中国人の1つのタイプで、とても聡明な感じでスマートな方でした。
他のスタッフは事務的な会話はOKでも、込み入った説明は出来ない。

なのに、欧米人宿泊客が多い。
料金設定が欧米人好みらしい(旦那談)ホントカ?!

 

 地元の大きいスーパマーケットで買い物がしたかったので、場所を聞くと。
 (英語)「ジョンシャンstationのunderground にカラフルがあります」
 という答えに、亭主殿は「ジョンシャン」と「カラフル」に???
 
  ここで私の登場「ジョンシャン=中山 カラフル=カルフール」でしょ。

 亭主殿「カルフールか!!!上海にはカラフルっていうスーパーがあるのかと思ったよ」
[PR]
by i-meisui | 2011-11-16 00:03 | | Comments(2)
a0185007_2292290.jpg


しんどかった3年生の通常授業が終わり、気持ちの切り替えに上海へと出発。

今回は、成田空港でに両替。千葉銀が一番お得で、1元=13.9円 (他は14円以上だった)

9:40発のJAL 
機内食は「京風おばんざい」 麦酒で旅の始まりに乾杯!068.gif
a0185007_22175318.jpg

お昼前の軽い昼食、コマゴマとした料理が麦酒のつまみにちょうど良かった。

日本時間12:30 現地時間11:30 上海 浦東空港着。 雨上がりで空から長江は見えず。

だだっ広く、遠くまで白く霞んでいて、霧のずっと向こうまで駐機してる飛行機の尾翼だけが浮かんで見える。

空港内もガランと広く、どこまでもどこまでも歩かされ、
旦那は、欧米人女子グループに「你好」と呼び止められ、
「北京行きの乗り場はどこですか?(英語)」と聞かれた。→ 中国人と思われた(その1)


さて、空港から市内には
①リニアモーターカー ②地下鉄 ③バス ④タクシー とあるが、当然話の種に①を選択
ここで初めて中国語を使用 我「两张票 」 工作人員(係員)「◎×△?」 我(^^;)「えっと~ single」
              しまった!片道ってなんて言うんだ!?・・・単程(dan1 cheng2)でした。

a0185007_22291355.jpg

最高速度、残念ながら301㎞/h止まり。400越えるのは時間帯が決まっているそうです。
a0185007_23555930.jpg

乗車時間8分  
    観光客を楽しませるためのアトラクションですね。
a0185007_23215444.jpg


終点からはいよいよ地下鉄デビュー

私は、友人から「上海公共交通卡」(上海版パスモ)(写真↑)をもらっていたので、旦那用にもう一枚購入せねばならない。

これが、意外と手間取った。(^^;)

改札には空港の手荷物検査と同じ機械が設置されており、工作人員(係員)が見張っている。

改札口でパスモ(と呼ぶことにします)をかざしても、ピッともプッとも言わず、ゲートも開かない・・・
??????????しばらく2人で右往左往して、
よくよく見ると、機械がパスモを読み取ると、カードの残高が音もなくひっそりと表示されて、ゲートは自分で押して開くような仕組みだった。

しかし、あちこちの改札口で、いつも誰かが(残高不足か不具合か)引っかかっており、
ラッシュ時は大変だろうなあと憂慮される。

地下鉄構内・電車内ともに台北と同じで、大変綺麗です。

が、

大変うるさく・・・
 
車内のアナウンス 車内に設置されているTVの音声 電車音 駅のアナウンス 警報音 
乗客達の話し声

なんとなくジワジワと上海のパワーを感じ始めるのでした。

a0185007_23282789.jpg
 


             to be continued
[PR]
by i-meisui | 2011-11-15 00:10 | | Comments(0)
茫洋と霞む江南地方。 
a0185007_18534327.jpg


広大無辺の長江デルタ地帯
a0185007_18552611.jpg


a0185007_18583175.jpg

   アップ!!
a0185007_1922065.jpg


ね・・・・眠いです・・・・・
[PR]
by i-meisui | 2011-11-13 23:59 | | Comments(2)

息子帰国 (11/7 mon.)

バンクーバーから息子帰国。

「どうだった?」

ディズニーランドみたいだった。」   って。

a0185007_16284716.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-11-07 16:30 | | Comments(2)

貴船神社奥の院

a0185007_22352171.jpg

今日は「寒い」です。

こんな日に読みたくなる、「眉隠しの霊」 毎年秋になると何度も読み返してかれこれン十年。

早く読みたいけど、今週は中間テスト週なので、しばらくおあずけ。
[PR]
by i-meisui | 2011-10-19 22:39 | | Comments(0)

落柿舎 (10/16 sun.)

a0185007_2149373.jpg

2008年11月

京都の秋は、本当に綺麗ですね。

紅葉は、12月初旬になるようです。  行きたいな~~~
[PR]
by i-meisui | 2011-10-16 00:00 | | Comments(2)
昨日、a.m4:30に家を出たときは、057.gif  

前夜、悪天候のため今回は中止!の連絡が入るものの、何故か5分後に、やっぱり決行!の連絡が入る。

   「まじで?」と思ったけど、私は今回逃したら、次はまた来年の夏、になっちゃいそうなので行くことに。

   みんな体力気力情熱あるし、中にはライセンスのステップアップのために数をこなしたい人もいるし、

   気持ちの良いやる気がみなぎっています。


前回以上に悲壮感あふれるダイビングになるかと思いきや、

沼津に着く頃には、雲間から青空がのぞき、海は穏やか、風は爽やか、夏の終わりの雰囲気も漂う景色。
a0185007_11124225.jpg

大瀬崎、初心者から上級者まで楽しめる都心からも近いダイビングのメッカだそうです。
湾内は初心者向け。
a0185007_11144537.jpg


浜から水面を泳いで、少し沖まで行き、そこから垂直に潜っていく。
前日までの天候のせいもあってか、透明度が悪くて、底に着いたら周囲に誰も見えず、
焦る!!!周囲360°誰も見えない!
どうしようかな・・・浮上しようかな・・・・
でもまた耳抜き しながら潜るのやだな~なんて考えながら、
じっと目をこらすと、向こうの方に白いフィンらしきものが見えた。
皆からそんなに離れているはずもなし、行ってみると無事合流でき、
最初からここにいました風の顔をして浮かんでいました(^^;)

深度が深くなるにつれて、透明度が増して水温も下がって気持ちいい。

今回のめぼしい収穫は、イカの卵軍団とウツボ軍団・・・・と、ドデカカサゴぐらい。

(前回の方が、熱帯魚風のカラフルな魚が多かった)

そして、この日最大の収穫は
a0185007_11451165.jpg

カサゴの唐揚げ定食(刺身付き)自家製シソジュースサービス!
これに山盛りご飯とみそ汁がつきますが、女性陣もペロリと完食。
もう一度UP
a0185007_11482989.jpg

二度揚げしたカサゴは丸ごと全部食べられました。
身はほとんどないような頭ばかりのミニカサゴですが、こうすると全部食べられるのですね。

夏も、もう終わりです。
a0185007_11583066.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-08-28 11:50 | | Comments(4)
全身筋肉痛ですが、気分は爽快な月曜日です。

先週、今夏一番の猛暑日を最後に、強制終了されてしまった

いつもなら、今頃昼はつくつくほうしが鳴き出して、夜は虫の声が大きくなり、

夏も終わりだなぁ・・・・と、寂しい気持ちになる頃。

蝉の声も聞こえず、降りしきる雨音ばかりです。


よりによって、先週末今週末「海」に行く予定(2年ぶり!)になっていた。(>_<)

亭主殿の後輩がセッティングしてくれた企画だし、寒くて雨だからや~めた!なんて言えません!

雨は雨なりに楽しむべし。と自分自身に言い聞かせる。

重くたれ込めた曇天。鉛色の海。肌寒い風。強くなったり弱くなったりする雨風・・・・
a0185007_840940.jpg


何よりも、うねりが不安。 

一見たいしたことなさそうな波ですら、波打ち際はものすごい力で足がすくわれます。

動いている水の威力は恐ろしい!と、改めて実感。

今までは、鏡のように静かで穏やかな海にしか入ったことがなかったので、

今回は、いい経験になった(と思おう)


↓ 一見、たいした波に見えないけれど、
    奥の波を見ると水面に出ている頭の2倍の高さのうねり。水面から見ると凄く高く感じるのだ。
a0185007_8561042.jpg


エントリーは、向かってくる波に押し戻されるのを必死でこらえて、ロープ伝いに進み、

波が砕ける前に突入。

      今回の私のバディ25歳ドボ女はここでフィンが片方はずれる!!

a0185007_8591416.jpg


全体の色合いがダークすぎて、なんだか、海底捜索隊 みたい・・・

捜索隊出動!
a0185007_945631.jpg


エキジットは、押される波にもみくちゃにされ、おそらく前後の人にぶつかりまくりながら

ロープを伝いつつ上がる。これだけで息が切れる。

水から出るときは、器材の重さで立ち上がるのがやっと・・・・しんどい

午前中1時間ほどで終了。          ・・・もうやめたいなぁ

亭主殿は初日(土曜)で、腰に違和感を感じて本日はカメラマン・マネージャー役に徹す。


お昼休憩

あれっ?
a0185007_9245698.jpg
裏っ返しに脱ぎ捨てられたウエットスーツ
またもや、リタイアか!?







第一温泉丸に乗船中~(^_^)v
a0185007_10431873.jpg

   一目散に温泉に突入して行った様子がよくわかりますね。

このポイントには、こんなものがあるのです。
a0185007_10433493.jpg

左 第一温泉丸 水着のみ
右 第二温泉丸 ウエットスーツ着用可

伊豆は温泉どころだから、どこでもお湯が豊富で素晴らしい!

海から出たらすぐに温泉シャワーを頭から浴びて温泉丸に入って温まり、さっぱりして昼食。

帰りも同様、さっぱりして帰れます。

地味だけど、なかなかいい! できればずっと温泉に入っていたかった。

午後は雨風波うねりが強まり、水面にいると酔いそうになるほど。

そして、潜水は30分で終了、撤収。     

水中は波の影響はほとんどなく、魚も思いの外種類も数も多かったけれど、

砂が巻き上がって透明度も悪くなり、また、私の顔に「もうやめたい」と書いてあるのを読み取たのか、

はやばやと引き上げてくれました。(^^;)

  でも、水中散歩、楽しかったんですよホントホント。


この日は4人だったけれど、私が最年長。 
35歳・25歳独身男子(旦那の職場の後輩)  
25歳独身ドボジョ(土木科大学院卒)旦那の職場の女性部下の学生時代の友達 初対面
というメンバーでした。

私以外は体力ある若者達ばかりです。やっぱり日頃の体力作りが大切だなぁ~とつくづく感じた次第。

今週末またポイントを替えて、メンバーも追加して、行ってきますが、

はたして、お天気はどうなるのでしょう。


帰りがけ、3時のおやつのケーキセットが、はらわたにシミジミトしみて、美味しかった。
a0185007_10184980.jpg

[PR]
by i-meisui | 2011-08-22 09:56 | | Comments(4)
a0185007_22375540.jpg


p.m10:00 無事帰宅。

昔懐かし昭和の民宿の夕食 (微妙に量が少ないのは食べかけで)

金目の煮付けが美味かった。 
[PR]
by i-meisui | 2011-08-21 22:37 | | Comments(0)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui