カテゴリ:展覧会等( 10 )

アルチンボルド展

a0185007_16593006.jpg


国立西洋美術館
月曜定休ですが、特別招待券をもらった友人にくっついて行って来ました。

アルチンボルド
1500年代のイタリア生まれの画家
日本の室町時代末期から安土桃山時代頃か。
斬新な発想

こんなのや

a0185007_19195661.jpg


こんなのや
a0185007_19195657.jpg


こんなの
a0185007_19195702.jpg


人物を果物、野菜、動物、魚、物、などで描きあげる。

私の顔を野菜で描きあげると…
a0185007_19195833.jpg

暗くてわかりづらいですね
妖怪人間ベラっぽい😅

友人はこちら⬇︎誰だかわかるかな〜?
a0185007_19195818.jpg



その他騙し絵なども

野菜の盛り合わせが…
a0185007_19195978.jpg


ひっくり返すと…
a0185007_19200054.jpg


ふくよかなおじさんの顔に。

どの絵も興味深かったけれど、部屋には飾りたくないなぁ

美術館を出て、台風の影響か強風が吹き荒れてる中
おやつの…
a0185007_19200087.jpg

樽生エビス😅

お土産は
上野うさぎ屋のどら焼き
a0185007_19200160.jpg

焼きたてで、家に持ち帰ってもほんわか温かく、
餡がトロトロん
a0185007_19200211.jpg




by i-meisui | 2017-08-07 16:57 | 展覧会等

ルノワール展

今日は午後から、ルノワールへ。⇦HPに飛びます。


乃木坂の駅で亭主殿と待ち合わせて、
国立新美術館の定休日を利用した協賛社特別鑑賞会に行ってきました。すいているかと思いきや、協賛会社が多いので、来場者もかなり多かった。



a0185007_22292411.jpeg

午後2時から2時間弱で鑑賞しました。

ほんわかした色彩、ふっくらとした優しい女性像、悲しく辛い絵は一切書かなかったというルノワールの絵は、鑑賞後、穏やかな気持ちになりました。

a0185007_22330822.jpeg
建て物から芸術的な美術館。

少し前にテレビで美術館グルメ特集を見たのですが、

そうそう、これでした。
2F空中カフェに、

a0185007_22370616.jpeg

3F空中レストラン

a0185007_22373768.jpeg

厨房は下部のコンクリートの中にあるそうです。

a0185007_22411097.jpeg

メニューチェック!お値段はお手頃でした。

もちろん、本日は定休日なので、カフェもレストランもお休み。ざんねん!
仕方がないので、近くの東京ミッドタウン内のお店で、軽食をとりました。

娘のお土産を買って、駅で亭主殿とバイバイ。
こんな感じのデートも良かったんですがね…
単身赴任もあと2週間で終わってしまうのです044.gif

お土産は、またまたまかろん
Jean-Paul Hévin
a0185007_22515859.jpeg






by i-meisui | 2016-06-28 22:23 | 展覧会等

若冲展

本日、若冲展、意を決して行ってきました。
a0185007_23002337.jpeg
ゴールデンウィーク後、来場者が激増。
前売り券も買ってあったし、
早く行かねば行かねばと思っているうちに、
先週の水曜日は、シルバー無料デーで最高待ち時間320分という記録を打ち出す。

今日がダメなら日曜早朝出直そうと思い、友人と東京都美術館へ。
午前中仕事の後、現地12時半。待ち時間
a0185007_23020977.jpeg
ランチ後に再び来ると、
a0185007_23031931.jpeg
今日は、涼しいし薄日が差す程度で気持ちもいい気候。
2人ならおしゃべりしているうちに入れるさ、と、並ぶことにしました。

ぴったり3時間半で館内に入れました。

若冲の絵は素晴らしく、もっともっと近くでじっくり見たかったけれど、考えることは皆同じ。
べったり最前列に人の山。動きも遅い。
これじゃあ混むわけだわ。

この展覧会は、今回限りで地方に廻らないため、
日本中から人々が集まったのだそう。
しかも期間がたったの1カ月。
混むわけだわ。

またいずれどこかで開催されたら、早めに観に行こうと思いました。

絵の細部は、図録でじっくり見ます。

a0185007_23125814.jpeg

a0185007_23183025.jpeg

マンガチックで可愛い。

a0185007_23193076.jpeg

a0185007_23194992.jpeg

a0185007_23201288.jpeg

a0185007_23203964.jpeg
どれもこれも素晴らしい。

感想も書きたいけれど、もう目が閉じそうです。

a0185007_23205655.jpeg

a0185007_23273030.jpeg


夕暮れ時の上野。

a0185007_23285424.jpeg



by i-meisui | 2016-05-20 22:54 | 展覧会等

兵馬俑

今日は秋らしい爽やかな1日でした。

ぶらりと上野へ。

ずっと見てみたかった兵馬俑を見に、国立東京博物館へ。

来ていたのは数点でしたが、本物を間近で見ることができて感激。ますます本家本元へ足を運びたくなってしまいました。

a0185007_20044971.jpeg

お隣ではブルガリ展も。

a0185007_20052322.jpeg

本物は撮影禁止。☝️は、撮影用のレプリカです。

a0185007_20060889.jpeg

本日は庭園も解放されており、紅葉にはまだ少し早かったものの、長閑な風景を楽しむことができました。

a0185007_20073300.jpeg


兵馬俑の真正面に立って、じっと顔を見つめると、何かふっと息吹のようなものを感じてゾクッとします。

听说 夜になると、動くらしい⁉︎

常設展示もぐるりと回って来ましたが、
国宝や重文の日本刀コーナーには、なぜかYOUが沢山!
獅子王刀の前では、皆写真を撮りまくっていましたが、なぜかしら。

こちらで得たものは、
聖武天皇(伝)の書と、日蓮の書。
書の展示は華やかさはないものの、本人の直筆、と思うと一気に時代を超えてその人を身近に感じることができるので、楽しみなのです。


お土産スイーツ みはし の 白玉あんみつ

a0185007_20445976.jpeg








by i-meisui | 2015-11-11 19:55 | 展覧会等

鳥獣人物戯画

a0185007_1630793.jpg

by i-meisui | 2014-11-13 16:30 | 展覧会等
いよいよ最終、9月23日までです。


東京、上野から新幹線で一時間半で着いちゃいます。

a0185007_17132592.jpg



若冲(じゃくちゅう)

本当に江戸時代の画家?!

このモザイク画! 本当に江戸の日本人?!という驚き。

a0185007_1716226.jpg

by i-meisui | 2013-09-19 17:18 | 展覧会等
中1の時からの腐れ縁。

ささやかに3人で同窓会。

ちょっと早めに、スパークリングワインで乾杯。欧風小皿料理沢村 新丸ビル7F
a0185007_23585613.jpg


この年になると、さまざまいろいろあれこれあります。

なんと孫4人目が生まれる人(今日は欠席)

ようやく3人目の子が小3になった人

離婚したばかり、現在さっぱりと一人暮らしを謳歌してる人

舅姑と同居してる人→私?


いろいろあるけど・・・・・まあ・・・
a0185007_2147763.jpg


のんびりじっくり鑑賞してきました。

今は第三期の展示で、江戸末期から明治の浮世絵の展示。

中でも初代歌川広重の沢山の素晴らしい作品は見応えがありました。

折しも、丸の内界隈は雷鳴が轟き、夕立がザッと降り、
a0185007_21555989.jpg

「大橋あたけの夕立」の風情。大橋、は両国橋のことですかね?

先日見た八月納涼歌舞伎の一場面そのままです。 あれは永代橋だったけれど。

かつての日本はこんな感じだったのね、と思いながら、しばしの現実逃避。

         「深川州崎十万坪」
a0185007_2252986.jpg


         「亀戸梅屋舗」
a0185007_2261820.jpg


もちろん美人画も沢山ありました。

とにかく、遠近法が斬新で素晴らしい。ゴッホでなくとも影響されたことでしょう。

よかったら、こちら ↓ で、ご覧ください。

名所江戸百景 冬の部

名所江戸百景 秋の部




「浮うわりと、生きませう」 



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村
by i-meisui | 2013-08-21 23:32 | 展覧会等

Mucha展

今日はいいお天気でした。
暑くも寒くもなく、一年で一番過ごしやすい季節。

久しぶりに行きました。下から見上げてみる。
a0185007_2028103.jpg


思いのほか霞んでいましたが、スカイツリーはしっかり見えました。
52階からのながめ
a0185007_20305912.jpg


Mucha展 
Muchaの作品が、時代とともに変わっていく様子がよくわかる展示でした。
a0185007_20344326.jpg

パリ時代の全盛期の作品以外はほとんど知らなかったので、スラブ時代の作品はとても衝撃的でした。


鑑賞しつつ、周囲の声に耳を傾けてみると、
美大生らしいカップルが、難しい専門用語で解説しあっていたり、
カルチャーセンターでリトグラフやってます的マダムが、紙とインクの特徴を解説していたり、
なかなかおもしろい027.gif

私らといえば・・・
この中で1つくれるって言われたらどれもらう~?レベルで楽しんできました012.gif

お土産 石田老舗 Crème de la Crème のシュークリーム 
a0185007_21123919.jpg

味噌のシュークリームというのがあり、(右の3つ連なってるの)これがモチモチでおいひかった♡
手前のつるんとしたのが名物「おさんじシュー」

・・・・・・・・・・・・

今、「おじさんシュー」って読みませんでしたか?

私は・・・読みました(*ノωノ)
by i-meisui | 2013-05-09 21:24 | 展覧会等
行ってきました。   国立歴史民俗博物館

みぞれ交じりの雨がそぼ降る中。

閉館時間間近だったのでほとんど人もおらず、仄暗い展示室で、ひとり人形に囲まれてちょっと怖かった。

和宮さん所縁の内裏雛
a0185007_16135416.jpg

男雛が左(向かって右)に位置するのは「古式」です。昔は左が上位だったのです。
逆になったのは近代になってから。

とても小さくて質素な内裏雛でした。
有職雛で、有職に忠実な装束を身に着けています。
女雛の着物は菊花の文様、男雛は直衣を着ています。

和宮といえば、「篤姫」の時に堀北真希が演じていましたが、しもぶくれのお顔がこのお雛様となんだか似ていると思いました037.gif

牡丹唐草文蒔絵雛道具
a0185007_16245250.jpg

写真はほんの一部で、たくさんの道具がありました。
小さな小さな百人一首の札や、ギヤマンの器、香道具等々。葵のご紋をちゃんと刺繍したものも。

これらの雛道具、和宮が宮中から持参したものは江戸城本丸焼失時に燃えてしまい、その後江戸で作らせたものだそうです。



御所人形 着せ替えもできます。
a0185007_16302950.jpg

これらは、和宮の兄孝明天皇の形見分けで和宮の手元に渡ったもの。
10体ほどがずらりと並んで、こちらをジッと見つめており、なんとなく息遣いのようなものを感じてゾワゾワッとしてしまいました。

ちょうど、染五郎演じる孝明天皇(八重の桜)に拝顔したばかりだったものでなおさら。(;゚Д゚)
 (話はそれますが、久しぶりに見た染五郎、少し歳をとって色気と貫録がつきましたね)


展示品は期待していたよりも少なかった。

ちょこっと時間が余ったので、ついでに、奈良・平安の常設展示室へ寄って、今授業でやっている『蜻蛉日記』に登場する藤原兼家の東三条殿のジオラマを見て、道長の自筆の御堂関白記を見、道長の字はイマイチであることを確認して帰ってきました。




   ※写真は全てパンフレットより
by i-meisui | 2013-02-19 22:00 | 展覧会等

小袖屏風 (12/28 wed.)

年賀状のデザインを考えながら、あれこれ資料をさがしていたら、
こんなものが出てきました。
以前、近くの国立博物館に見に行った企画展示の「小袖屏風」
a0185007_2240513.jpg

着物を着物の形で、布屏風に貼り付けたもの。
押し絵・パッチワークのようなイメージ。

江戸以前の古い着物を、このような形で鑑賞するというアイデア!

a0185007_2246529.jpg


どれもこれも美しかったです。

柄のアップ
a0185007_22471410.jpg


a0185007_22482169.jpg



だんだん、お正月の気分になってきました。

年賀状もなんとか間に合いました。

今日は中国語教室の今年最後のレッスンでした。

少しずつ、今年が終わっていくのを噛みしめています。
by i-meisui | 2011-12-28 22:56 | 展覧会等

旅・ひとり旅・歌舞伎&舞台・展覧会等 それぞれカテゴリからご覧ください。


by meisui momo