<   2013年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

桜の紅茶

a0185007_16552345.jpg

玄関脇の枝垂れ梅が咲きました。
春ですね~

明日から3月。

サクラの香りのお茶。銘は「サクラ」
桜の葉の塩漬けを乾燥させたもので香りづけしていますが、仄かないい香りです。
a0185007_2183127.jpg

本当は、先日お試しで飲んだ「サクランボ」を買うつもりだったのですが、
なぜか、お店の人に「サクラ」ありますか?と聞いてしまい、買って家に帰るまでそれが間違いだったことに気づきませんでした。(*_*; 老化?ちゃんとメモして行かないとね。

今日は、友人の2月に生まれた娘さんの初節句祝いを買いに行ったのです。
高校時代の友人です。
当然私と同じ歳です。 同じ歳でもう孫がいる人もいるというのに・・・

実はその友人、先日、特別養子縁組制度を利用して、生まれて3日目の赤ちゃんのお母さんになったのです。
といっても、正式に親子になれるのは半年後。
実母が自分で育てたいと言ったら手放さねばなりません。

つらいですね・・・

でも、すべて納得の上のこと。

先日ニュースでも特集されていましたが、
突然電話がかかってきて「昨日女の子の赤ちゃんが生まれました。名前は◎◎です。引き受けていただけますか?」と言われ、3日後にはもう引き取るのです。

ためらっていたら、他の人のところへ行ってしまいます。

その日彼女は、ずっと泣いていました。


周りには小姑みたいな頼りになるお節介おばさんがたくさんいるし、
新米ママとはいえ、年の功。 今、順調に子育てしているようです。
も少し暖かくなったら、おばちゃん達で押しかける予定です。

早く生まれたての赤ちゃんのホワホワ頭にキスしたい! だめ?























 
[PR]
by i-meisui | 2013-02-28 22:00 | 紅茶 | Comments(2)

きざみ穴子弁当

a0185007_17341888.jpg

きざみ穴子、ちらし寿司などに混ぜてつかうのでしょうが、
フライパンで火を通して、タレとあえてお弁当にのっけました。

おかずとの組み合わせがかなり微妙~ですが、 美味しかったって。(よかった)
[PR]
by i-meisui | 2013-02-27 17:40 | | Comments(0)

ハーブティー

a0185007_1954136.jpg

お試しティー の「ラビアンローズ」という銘のお茶

色が綺麗。
抽出時間が3~5分と長い。

ルイボスティーをベースに、ハイビスカスローズヒップが入っていて、
酸味が効いてる。

美肌効果有り。

私は薬を必要とするほどの花粉症では無いのですが、この時期、くしゃみが出始めました。
甜茶が効くようですね。 飲んでみようかな。
[PR]
by i-meisui | 2013-02-26 20:04 | 紅茶 | Comments(0)

謎のジェントルマン

最近、近所で見かける「謎のジェントルマン

年のころは60代後半か70代
お年の割にすらっと痩せ形で背が高い
色が浅黒く、髪は白髪、鼻の下と顎にも白髪交じりの髭をたくわえている。
お顔のシワは・・・そうですね、ロバート・デニーロばり?高田純次風?好好爺風?
いつも静かに微笑んでいるような。

今朝は、ゴミステーション前で見かけました。

頭には、ぴったりした白い帽子。そう、戦場カメラマン渡部陽一風の帽子をやや斜めにかぶっている。

こんなかんじ

a0185007_21281287.png



上には迷彩模様のジャンパー
肩幅が広く見えるデザインで
a0185007_2105310.gif

白いスカーフ。
白いタイトなパンツ

GIジョー

ゴミステーションの前にピシッと立って、左手でカラス除けのネットを持ち上げ、右手で燃やせるゴミをお出しになっていらっしゃいました。



先日見た姿は、
ハンフリーボガード風に中折帽
a0185007_215592.jpg

ベージュのウールのコート
襟を立てて、首元にえんじと白の縦ストライプのマフラー



この近辺ではあまり見かけないいでたちです。

もしかしたら、近所に最近売り出された新築の建売に引っ越してきたのかもしれません。
洒落たログハウス風暖炉などもあり、ガーデンライフを楽しめるような造り。
広い庭で、趣味の車やバイクをいじったり、DIYを楽しんだり?




しかし・・・・・・・・ひじょーーーーに違和感を感じるのです。そのジェントルマンに。


彼はそんないでたちで、いつもボロいママチャリに乗ってキーーコキーーコ、ガニマタで悠々と漕いでいるのです。
今日はゴミステーションの前に止めてありましたが。

そうそう、今思い出した!
「浅黒いお顔、白髪交じりのお髭、ロバートデニーロばりのシワ、静かに微笑んでいる
こんな感じ!



















a0185007_21213176.jpg

翁の面


謎のジェントルマン
[PR]
by i-meisui | 2013-02-25 21:35 | 生活 | Comments(2)

午後の紅茶

a0185007_15413075.jpg

p.m3:30です。

西日が差し込んでます。

午後の紅茶 ( -_-)旦~ フゥ...

今月のお試し紅茶、フレーバードティー「サクランボ」
「サクランボ」のイメージで香りをつけたもので、
ローズマリーとピンクペッパーが入っていて甘酸っぱい味。 
軽いローズヒップのような酸味。


なにか、美味しいクッキーでもないかなぁ~と捜したけれど、今あるお菓子はしょっぱい系ばかり。

そこで、これにて。出張土産。信玄餅
a0185007_15521521.jpg

[PR]
by i-meisui | 2013-02-24 15:55 | 紅茶 | Comments(0)

やりいかの煮付け

今日のお勧めはやりいかだよ~という魚屋のお兄ちゃんの言葉につられて
小さめサイズのほうが柔らかいので、中サイズを8杯買い
お酒と砂糖と醤油と生姜のみで、さっと煮る。水やだしは入れない。
和食はお汁でも煮物でも一般のレシピより日本酒を贅沢に使うと美味しく仕上がるのです。
(日本酒の減りが早くなるけど) 
a0185007_8155218.jpg


あらかじめ茹でてぎゅっと絞っておいた春菊を煮汁に浸して食べる。相性抜群。 
a0185007_8175086.jpg

舞茸なども合います。


さて、

昨日のスーパーニュースで、最近昭和が熱い、という特集をしており、三丁目の夕日のような生活をする若い夫婦を取材してました。

ちょうど昨日の買い物時、こんなの見つけて買っていました。(-_-;)
a0185007_8215358.jpg

(この絵のような光景、私が小学生のころも普通にありました)

安藤優子さんが「私が子供の頃はこの昭和の感じが嫌で嫌で、早く抜け出したいって思ってましたけどねぇ~」
とコメントしてましたけど、同感、おっしゃる通り。懐かしさはありますが生活するのはちょっと。

(私は昭和よりずっと古い時代の方が興味あるわ)

そんな昭和がブームになるってことは、もう昭和が過去のものになったということなんでしょうかね。




[PR]
by i-meisui | 2013-02-23 23:23 | | Comments(0)

お昼ごはん

今日も寒かった。
こんな日は、あつあつの釜揚げうどんでも食べるべきでしたが、
いつもの魚屋さんで、ついつい買ってしまった
花ちらし
a0185007_1618949.jpg

このタイプのお弁当はスーパーなどでも定番ですが
お魚屋さんのだから、やっぱり美味しい♥
[PR]
by i-meisui | 2013-02-22 22:22 | | Comments(0)

辻切り

って知ってますか?

私も「辻斬り」なら知っていましたが…

節分頃のこの付近に昔から伝わる行事(風習)だそうです。

辻から災いが入ってこないように、辻々に藁で編んだ蛇を供えます。
a0185007_16234553.jpg
a0185007_1624087.jpg
a0185007_1624778.jpg

[PR]
by i-meisui | 2013-02-21 23:53 | 歳時記 | Comments(0)

おでん

a0185007_189299.jpg


今日は春を感じるような暖かい一日でした。おでんって感じではありませんね。
これは昨日のおでん。


昨日は霙やら雪やら降って寒かったので、おでん熱燗

作りすぎちゃって、まだまだいっぱい残ってます。
[PR]
by i-meisui | 2013-02-20 22:00 | | Comments(0)
行ってきました。   国立歴史民俗博物館

みぞれ交じりの雨がそぼ降る中。

閉館時間間近だったのでほとんど人もおらず、仄暗い展示室で、ひとり人形に囲まれてちょっと怖かった。

和宮さん所縁の内裏雛
a0185007_16135416.jpg

男雛が左(向かって右)に位置するのは「古式」です。昔は左が上位だったのです。
逆になったのは近代になってから。

とても小さくて質素な内裏雛でした。
有職雛で、有職に忠実な装束を身に着けています。
女雛の着物は菊花の文様、男雛は直衣を着ています。

和宮といえば、「篤姫」の時に堀北真希が演じていましたが、しもぶくれのお顔がこのお雛様となんだか似ていると思いました037.gif

牡丹唐草文蒔絵雛道具
a0185007_16245250.jpg

写真はほんの一部で、たくさんの道具がありました。
小さな小さな百人一首の札や、ギヤマンの器、香道具等々。葵のご紋をちゃんと刺繍したものも。

これらの雛道具、和宮が宮中から持参したものは江戸城本丸焼失時に燃えてしまい、その後江戸で作らせたものだそうです。



御所人形 着せ替えもできます。
a0185007_16302950.jpg

これらは、和宮の兄孝明天皇の形見分けで和宮の手元に渡ったもの。
10体ほどがずらりと並んで、こちらをジッと見つめており、なんとなく息遣いのようなものを感じてゾワゾワッとしてしまいました。

ちょうど、染五郎演じる孝明天皇(八重の桜)に拝顔したばかりだったものでなおさら。(;゚Д゚)
 (話はそれますが、久しぶりに見た染五郎、少し歳をとって色気と貫録がつきましたね)


展示品は期待していたよりも少なかった。

ちょこっと時間が余ったので、ついでに、奈良・平安の常設展示室へ寄って、今授業でやっている『蜻蛉日記』に登場する藤原兼家の東三条殿のジオラマを見て、道長の自筆の御堂関白記を見、道長の字はイマイチであることを確認して帰ってきました。




   ※写真は全てパンフレットより
[PR]
by i-meisui | 2013-02-19 22:00 | 歳時記 | Comments(2)

平凡な主婦の暮らしの日記


by meisui